Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM


ブログランキングに
参加しています(⌒▽⌒)
↓ポチッと応援クリック↓
いただけると励みになります★
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村

人気ブログランキングへ


0
    梅一里それから先は波の音 酒井抱一
    IMG_7198候補.JPG

    梅一里それから先は波の音 酒井抱一

    酒井抱一の名作、夏秋草図屏風。
    銀地が繊細に光り、
    リアルに描かれた美しい草花が、風に吹かれて、
    季節を過ぎる。

    二曲一双の狭間で、
    目の前のものが、時間の流れに変わり、
    永遠の真理が浮かび上がる。

    同じ感覚が揚句にも在る。

    目の前の梅の花が、目に見えない波の音に繋がり、
    寄せては返す永遠のリズムに変わる。

    私は梅の木のある海のそばの家で育ったので、
    波の音に混じる潮の香りも知っている。

    梅は真っ白に咲き、
    波頭は白く崩れ、
    潮風は吹き抜けた場所に白く結晶する塩を残す。

    酒井抱一が江戸時代に描いた屏風、詠んだ句は、
    今を生きる私が感じるものと何一つ変わらない。



    永遠の真理への扉は、
    身近の、目の前のものにある。

    目に入ったものを注意深く眺めると、扉が開く。

    扉の中へ入ると、
    永遠の真理の形は目で見ることはできず、
    感覚を研ぎ澄まして
    感じて
    捕らえていくしかない。

    俳誌「銀漢」2015年9月号 私の愛唱する一句
    JUGEMテーマ:花の記憶

    ブログランキングに参加しています(⌒▽⌒) 
    ↓ポチッと応援クリック↓いただけると励みになります★

    にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へにほんブログ村 人気ブログランキングへ
    posted by: 福田 泉(FUKUU) | 鎌倉 | 11:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    0
      塗り潰す
      「塗り潰す」

      夏期講習サイン・コサイン・君の髪
      偏差値は我の名刺か立葵
      炎昼や板書乱れてチャイム鳴る
      コンビニにきらきら並ぶ涼しさよ
      数式は世界共通土用波
      塗り潰すマークシートや蝉時雨
      揺れ動く窓いつぱいの百日紅
      シャーペンを鉛筆にして夕立来る
      英単語こぼさぬやうに髪洗ふ
      制服は部活帰りよ大夕焼
      君の指スマホの向かふ秋隣
      雨上がり部屋いつぱいの虫の声
      紙の辞書枕にしつつ星月夜
      珈琲と母と夜食のプリンかな
      過去問を解くたび未来流れ星

      昨夏、開成学園中学・高等学校の俳句部員を中心とした
      群青俳句会(櫂未知子先生、佐藤郁良先生)に参加させていただきました。

      女子学生はなかなか入ることのできなかった男子校に
      ドキドキしながらお邪魔したら、
      蝉の鳴き声が響いて、黒板にチョークで字が書かれていて、
      お弁当を食べた跡が転がっていて、
      制服を着た男の子達が、楽しそうに窮屈そうに座っていました。

      久しぶりに女子高生の頃の気分に戻ったら、
      高校三年生の自分や、同じ塾に通っていた男の子達のことが
      鮮やかによみがえってきました。

      私の人生の転機の年です。
      本当は、この頃に戻ってやり直したいのですが、
      時間は遡れないので、今をなんとかしなければ。。。

      その頃の自分や、周りにいたみんなのことを思い浮かべながら
      十五句の連作を作りました。

      NHK全国俳句大会飯田龍太賞 第一次選考通過作品
      JUGEMテーマ:花の記憶

      ブログランキングに参加しています(⌒▽⌒) 
      ↓ポチッと応援クリック↓いただけると励みになります★

      にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へにほんブログ村 人気ブログランキングへ
      posted by: 福田 泉(FUKUU) | 鎌倉 | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      0
        餅の数 尋ぬる母の 箸の先
        餅の数.jpg

        餅の数 尋ぬる母の 箸の先

        もちのかず
        たづぬるははの
        はしのさき

        The point of chopsticks of mother asking the number of rice cakes.

        IMG_7597.JPG

        お正月休みは、実家でお雑煮を食べました★

        クリックして初詣へ出かけませんか→にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
        ちょっと近所まで。いつもの散歩道を曲がって...
        ※クリックがランキングの順位に反映される仕組みですm(_ _)m


        新黄金俳句会 松川洋酔句座 11月
        第六十回 2012年12月 「湯島句会」作品集掲載
        俳誌「銀漢」2013年4月号 -星雲集 伊藤伊那男選- 掲載

        ブログランキングに参加しています(⌒▽⌒) 
        ↓ポチッと応援クリック↓いただけると励みになります★

        にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へにほんブログ村 人気ブログランキングへ
        posted by: 福田 泉(FUKUU) | 鎌倉 | 03:03 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
        0
          手折るなと言はれし 裏の姫女苑


          手折るなと言はれし 裏の姫女苑

          たおるなと
          いわれしうらの
          ひめじょおん

          A daisy fleabane, told not to pick it up, blooms in the back.



          子供の頃、裏の空き家にヒメジョオン(姫女苑)がたくさん咲いて、
          ヒメジョオンは貧乏草と呼ばれていました。



          生えると貧乏になるのか、摘むと貧乏になるのか...
          なんだか怖いような気持ちがしました。



          黄色い円から、ふわふわとした、糸のような、花びらが伸びて、
          風になびきます...



          ほんとは摘んで花束にして飾りたかったのですが、我慢しました。


          白い絹糸のような、花びらへクリックしませんかにほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
          陽の光に、白く... ※クリックがランキングの順位に反映される仕組みですm(_ _)m




          毎日新聞 ケータイ写真俳句[7月27日正午〜8月3日正午受付分]入選 選者:大高翔先生
          「手折るなと言はれし」が強く印象に残ります。
          「裏」という具体的な場所が、特別に親しい「姫女苑」であることを感じさせます。
          との講評をいただきました。ありがとうございます。

          「姫女苑」と書くことを、俳句を始めてから知りました。
          深窓のお姫様のような、立ち入りがたい所にいるような、
          可憐な中に怖さのあるような、雰囲気のする漢字です。
          道端や空き地に咲いて、身近で可愛らしい雑草です。

          俳誌「炎環」2014年10月号掲載
          JUGEMテーマ:花の記憶

          ブログランキングに参加しています(⌒▽⌒) 
          ↓ポチッと応援クリック↓いただけると励みになります★

          にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へにほんブログ村 人気ブログランキングへ
          posted by: 福田 泉(FUKUU) | 鎌倉 | 19:32 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
          0
            潮引きて とろりと泡を吐く浅蜊


            潮引きて とろりと泡を吐く浅蜊

            しおひきて
            とろりとあわを
            はくあさり

            鎌倉の海岸の、灰色がかった砂浜が、好きです。



            波打ち際で靴を脱いで、裸足で踏むと
            灰色の砂の中から、海水と混じった黒い砂が、 やわらかく浮かび上がって
            足の周りを包んでくれます。

            南の島の、珊瑚が作り出す白い浜は、
            白がブルーを反射して、鮮やかで、キレイだと思うのですが、
            珊瑚の破片がちくちくと刺すので、裸足で歩けず...

            鎌倉の海岸が懐かしくなります。



            しゃがみこむと、いろんな色の小貝がたくさん住んでいます。
            潮が引くと、小貝の口が砂の中から現れて、泡を吐きます。

            実際に、浅蜊を見かけたことはないのですが、
            『小貝』では季語にならなくて、句会へ出すために『浅蜊』で詠みました。

            潮引きて とろりと泡を吐く小貝

            としたい一句です★



            [FUKUU's calligraphy haiku]
            On the ebb tide, clams spit bubbles thickly.

            鎌倉の海岸の、波打ち際をクリックしませんかにほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
            細かくてやわらかくて、とろりとした感触です☆
            ※クリックがランキングの順位に反映される仕組みですm(_ _)m

            第五十二回 2012年4月 「湯島句会」作品集掲載
            JUGEMテーマ:花の記憶

            ブログランキングに参加しています(⌒▽⌒) 
            ↓ポチッと応援クリック↓いただけると励みになります★

            にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へにほんブログ村 人気ブログランキングへ
            posted by: 福田 泉(FUKUU) | 鎌倉 | 22:43 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
            0
              ふらここの錆びの香りの 野原かな


              ふらここの錆びの香りの 野原かな

              ふらここの
              さびのかおりの
              のはらかな

              ふらここ;ブランコのこと



              [FUKUU's calligraphy haiku]
              Here is a field with the scent of the rust on the swing.


              ふらここへクリックして乗りませんか→にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
              どんな景色がみえますか...

              ※クリックがランキングの順位に反映される仕組みですm(_ _)m


              第五十二回 2012年4月 「湯島句会」作品集掲載
              JUGEMテーマ:花の記憶

              ブログランキングに参加しています(⌒▽⌒) 
              ↓ポチッと応援クリック↓いただけると励みになります★

              にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へにほんブログ村 人気ブログランキングへ
              posted by: 福田 泉(FUKUU) | 鎌倉 | 00:36 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
              0
                立ち尽くす丘ゆるやかや 草朧


                立ち尽くす丘ゆるやかや 草朧

                たちつくす
                おかゆるやかや
                くさおぼろ

                朧;春の夜、水蒸気を含んで、ぼんやりかすんでみえること。
                いろんなものと付けて使うことができて…朧月夜、岩朧、鐘朧、草朧、海朧、街朧 etc.


                春の、日が落ちてしばらくぐらいの宵の口、
                海風の吹く丘を登っていましたが...

                足を止めて、立ち尽くしてしまいました。

                目の前には、芽吹いたばかりの草が揺れて
                丘の頂上がぼんやりとみえます。

                藍色の中を、丘の丸いシルエット...
                白くて丸い椅子が2脚、ぼんやりと浮かんでいました...



                今、大変に感じていることは
                そんなに大変じゃないかもしれなくて、

                後から思い返したら
                険しい山ではなく、ゆるやかな丘を登っていた
                ようなことかもしれない...

                [FUKUU's photo calligraphy haiku]
                The hill remaining standing is gentle,
                grass is hazy.

                クリックして、再び丘を登りはじめませんか→にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
                萌え出づる若草の香りが、海風の潮の香に、ゆるやかに混じります...
                ※クリックがランキングの順位に反映される仕組みですm(_ _)m

                鎌倉海浜公園の記憶です★
                いくつも丘が連なり、いつも潮風が吹いていました...

                新黄金俳句会 松川洋酔塾 句座 3月
                現代俳句協会インターネット句会 3月
                俳誌「銀漢」2012年7月号 -星雲集[秀逸] 伊藤伊那男選- 掲載
                俳誌「銀漢」2012年8月号 -星雲集 今月の秀句 村上文惠選- 掲載
                JUGEMテーマ:花の記憶

                ブログランキングに参加しています(⌒▽⌒) 
                ↓ポチッと応援クリック↓いただけると励みになります★

                にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へにほんブログ村 人気ブログランキングへ
                posted by: 福田 泉(FUKUU) | 鎌倉 | 16:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                0
                  曼珠沙華 松に護られ 愛が咲く


                  曼珠沙華
                  松に護られ
                  愛が咲く

                  まんじゅしゃげ
                  まつにまもられ
                  あいがさく



                  久しぶりに湘南の海沿いを歩きました。海沿いの家にはたいてい松が生えていて、私が子供の頃に住んでいた家にも松が生えていたことを思い出しました。

                  秋になると、松の根元に曼珠沙華が咲いて、子供の頃は深く紅く妖艶な花姿にドキドキして少し怖かったことを思い出しました。



                  その時は気づかなかったのですが、今なら分かります。
                  松は防砂の役目も果たして家を護って、だからこそ曼珠沙華は妖艶に美しく咲くことができるのですね。



                  これから深く紅い愛を咲かせたいです。

                  ※デザイン書道の師匠、nanamiさんの「お散歩toycamera」シリーズで曼珠沙華の写真を拝見して、曼珠沙華で詠みたくなりました(⌒▽⌒)nanamiさんは娘さんを愛していて、母娘がコラボレーションするステキな作品を作り続けています。

                  ※遠距離通勤を続けた父へ、どうもありがとう。

                  ブログランキングに参加しています(⌒▽⌒) 
                  ↓ポチッと応援クリック↓いただけると励みになります★

                  にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へにほんブログ村 人気ブログランキングへ
                  posted by: 福田 泉(FUKUU) | 鎌倉 | 22:59 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |