Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
New Entries
Recent Comment
  • 第69回毎日書道展に入選しました
    笑子 (07/10)
  • 第69回毎日書道展に入選しました
    FUKUU (07/05)
  • 第69回毎日書道展に入選しました
    畦夢 (07/05)
  • さくらいろの包みをひらき晩春を口にふくむ
    FUKUU (04/25)
  • さくらいろの包みをひらき晩春を口にふくむ
    英さん。 (04/24)
  • しのぶさん書道芸術院展入賞〜秋桜や頬を流るる街の雨
    FUKUU (04/14)
  • しのぶさん書道芸術院展入賞〜秋桜や頬を流るる街の雨
    笑子 (04/13)
  • 春夕焼答へ待つことやめにけり
    FUKUU (04/13)
  • 春夕焼答へ待つことやめにけり
    笑子 (04/12)
  • 人生や雪柳咲き並ぶ道
    FUKUU (04/06)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM


ブログランキングに
参加しています(⌒▽⌒)
↓ポチッと応援クリック↓
いただけると励みになります★
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村

人気ブログランキングへ


0
    春雨の 枝へ留まり 真珠めく


    春雨の 枝へ留まり 真珠めく

    はるさめの
    えだへとどまり
    しんじゅめく

    この一句は、時間がかかりました。
    春、雨、枝、真珠という言葉がうまくそれぞれの重みを持ってつながるまで、
    2ヶ月かかりました。(うまい具合につながった時は、嬉しかったです)



    そうして…小沢健二さんのコンサートへ行ったら、
    大好きな曲「おやすみなさい、仔猫ちゃん!」の歌詞に

    空へ高く少し欠けた月
    草の上に真珠みたいな雨粒


    という一節があることに気づきました。(1994年発売の名盤「LIFE」の収録曲です)

    「雨粒は真珠」というフレーズは、自分で発見して作ったつもりでしたが、
    小沢健二さんの曲を通じて、私の潜在意識に入り込んでいたのかもしれません。

    それとも、「雨粒は真珠」というイメージは
    誰の心にもあるものなのでしょうか...



    [FUKUU's photo calligraphy haiku]
    Spring rain perches on the branch, like pearls.

    クリックして、狐と腕組みしてみませんか^^→ にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
    小沢健二さんのコンサート会場には、狐がいました...
    そして、お揃いのコンサートグッズを着ています♡
    ※クリックがランキングの順位に反映される仕組みですm(_ _)m


    小沢健二さんのコンサートは素晴らしく、
    カルテットの弦の響きへ、小沢健二さんの声とギターが伸びて溶けてゆき、
    メロディーと歌詞は美しく、朗読の物語は展開していきました...
    オザケンは永遠の王子様だと思いました☆

    毎日新聞 ケータイ写真俳句[3月30日正午〜4月6日正午受付分]掲載
    新黄金俳句会 松川洋酔塾 3月
    俳誌「銀漢」2014年7月号 -星雲集- 掲載
    JUGEMテーマ:花の記憶

    ブログランキングに参加しています(⌒▽⌒) 
    ↓ポチッと応援クリック↓いただけると励みになります★

    にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へにほんブログ村 人気ブログランキングへ
    posted by: 福田 泉(FUKUU) | 小沢健二 | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |