Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM


ブログランキングに
参加しています(⌒▽⌒)
↓ポチッと応援クリック↓
いただけると励みになります★
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村

人気ブログランキングへ


0
    稲架けて 天日の甘さ 沁み込ます


    稲架けて 天日の甘さ 沁み込ます

    いねかけて
    てんぴのあまさ
    しみこます

    俳句について教わっている 新黄金俳句会・洋酔塾にて、
    稲架(はさ)という秋の季語を知りました。

    稲架とは、稲を刈った後、
    稲穂を逆さまにして、横棒に掛けて、天日干しにすることだそうです。
    すると、稲全体の養分が稲穂へ降りて、日の光で乾燥して、美味しくなるそうです。

    数日後、佐久へ行く機会があって、稲架掛けをしている光景に出逢いました。
    整然とした美しい作業に、こういうことなのかぁと感動しました。



    そこで、私も「稲架」という季語を使って一句詠もう、と思ったのですが、
    なかなか出来ずにいたら、、、



    友達が、田舎から届いた新米を、ル・クルーゼの鍋で炊いた話をしたのです。
    ※ル・クルーゼとは、フランスのホーロー鍋です。
    デザインもかわいいですし、熱まわりがよくて美味しく仕上がるという話を
    いろいろな方から聞くので、私も欲しいなぁと思っています。

    最近は乾燥機を使うことが多いにもかかわらず、
    稲架掛けの手間と愛情のこもった新米だから、
    丁寧に食べたくて、ル・クルーゼの鍋で炊いたそうで、
    甘くて美味しかったとのこと。

    そうして、やっと一句詠めました。



    稲架掛けや 天日の甘さ 芯へ染む

    はさかけや
    てんぴのあまさ
    しんへしむ

    天日の甘さは、稲全体を伝って稲穂へ降りて、新米の一粒一粒の芯へ入っていく。
    手間のかかる作業だから、
    稲架掛けの風景は、秋の日差しの中で黄金色に輝いて、
    日の光が、私の芯へも入っていくような気がしたのでしょうか・・・



    [FUKUU's photo haiku]
    While drying rice on a rack,
    the sweetness of the sun dyes to the core of rice.



    毎日新聞 ケータイ写真俳句[10月21日正午〜10月28日正午受付分]入選

    俳人 大高翔先生より、
    「稲架掛け」の景から「天日の甘さ」を見出した作者。
    「芯へ染む」という表現から、秋の日差しの豊かさを感じられます。
    との講評をいただきました。的確で恐れ入ります★



    田んぼの横に、お母さんの稲刈りを見守っている犬がいました。

    俳誌「銀漢」2012年2月号〜星雲集〜掲載
    第四十六回 2011年10月「湯島句会」作品集〜エッセイ『俳句との馴れ初め』〜掲載
    JUGEMテーマ:深まる秋

    ブログランキングに参加しています(⌒▽⌒) 
    ↓ポチッと応援クリック↓いただけると励みになります★

    にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へにほんブログ村 人気ブログランキングへ
    posted by: 福田 泉(FUKUU) | 軽井沢、佐久 | 14:28 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
    はさかけっていうんだね、これを。俳句のおかげで自然や農山漁村のモノに目が開かれていく過程がすてき!
    | ちか | 2011/11/05 4:24 PM |
    ちかちゃん、コメントありがとう(⌒▽⌒)
    稲架掛け、という言葉、初めて知ったよね!

    いろんな言葉があるなぁーと感じたよ^^
    | FUKUU | 2011/11/05 5:13 PM |
    こんばんは。

    こちらでは「はせがけ」と呼んでいます。
    コンバインの席巻により、大分少なくなってきました。
    品種改良で美味しい米が多くなってきたとはいえ、稲全体の養分を吸いこませる地道な作業が無くなるのはさびしい気がします。
    高い杭に4段か5段くらいの稲架もあり、終わったらその上から飛行機(ライトプレーン)を飛ばして遊んだものです。
    ソフトボールや相撲をしたり、秋の田は格好の遊び場でした。
    | 英さん。 | 2011/11/05 9:55 PM |
    英さん。おはようございます(⌒▽⌒)
    山形では「はせがけ」と呼ぶのですね♪
    田んぼで遊んだ記憶、宝物ですね★

    お米は日本人の主食で、みんなを支えてきた大切な食べ物にもかかわらず、
    田んぼのことをよく知らずに今に至りました…

    感謝して大切にしていきたいです^^
    | FUKUU | 2011/11/06 10:42 AM |
    このかかし、かわいいですね
    私はかかしを見たことがありません
    ポチッと応援します!!
    | ai | 2011/11/06 7:41 PM |
    aiちゃん、コメントandポチッと応援ありがとう(⌒▽⌒)
    私も、働いているかかしを見たのは、初めてでした。

    絵本や物語の世界では知っていたけれど、
    本物はかなりリアルに作ってあって、頭はマネキンで、ちょっと怖かったです^^
    | FUKUU | 2011/11/06 7:49 PM |









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック