Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM


ブログランキングに
参加しています(⌒▽⌒)
↓ポチッと応援クリック↓
いただけると励みになります★
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村

人気ブログランキングへ


0
    速さの魅惑


    エッセイを書きました★

    「速さの魅惑」             福田 泉

    私にとって俳句の魅力とは、「短さ」で、一読するのに、僅かな時間ですむところです。
    (味わうとなると、反芻したりしてじっくり時間がかかりますが、始めの一読は短いです。)
    作句には時間がかかることもありますが、読んでくださる方の時間を取らないところが魅惑的です。

    なぜなら、「今は短い文章の時代だ」と思っているからです。

    仕事上の知り合いや友人とコミュニケーションする手段として、インターネットで自分を表現しなければ取り残されてしまうかもしれないという状況の中で、写真と俳句を組み合わせた写真俳句を始めました。日々の出来事を流す日記風の記事が多い中、漫然と流すより、世界中のどんな方に読んでいただいても大丈夫だと胸を張れるくらい磨きをかけたものを出したい、と考えたからです。また、インターネットの世界は速く、短い文章と分かりやすい絵が好まれるからです。

    写真は、一瞬で永遠を切り取れる、思考よりも速いシャッタースピードに惹かれます。
    写真を撮っていると、自分は動物なんだと感じます。体が動くたびに視界が変わり、どの一瞬でシャッターを切れるかで、絵が決まります。

    最近、写真俳句に、書芸を組み合わせ始めました。

    書芸は、筆が紙に触れたとたん墨がにじみ始めて後戻りできない、瞬間瞬間の判断と呼吸の軌跡です。墨に顔彩を混ぜて色を出すこともあるのですが、顔彩は日本の四季の色が凝縮して宝石のように輝いていて、自分はこの色に囲まれて育ったんだ、と胸が震えるような気持ちになります。

    写真俳句に書芸も組み合わせて発表したところ、自分の中でしっくりくる手ごたえがあり、また、いろいろな方からも共感を戴き、私は、俳句に写真と書芸を組み合わせた「写真&書芸俳句」という、先人のいない道に挑戦したいと思っています。

    俳句、写真、書芸・・・速さに魅惑されています。

    "The fascinations of speed"

    For me, the charm of a haiku is "shortness" and finish in a little time to read.
    (If it tastes, it will reflect on and time will be taken slowly and carefully, but a single reading to begin is short.)
    It may take time to make a haiku, but the point that does not take the time of readers is fascinating.

    I believe that "the age of short sentence has come".

    In order to communicate with friends and acquaintances on the job, I started SNS and began to make "photo haiku" combining a photography and a haiku.

    There are many diary-like articles in SNS, but the result that I want to take out an article of value people around the world to read is "photo haiku". In addition, the world of the Internet is so fast that short sentences and plain pictures are liked.

    I cut eternity in an instant, and the shutter of the photograph is faster than a thought. I am attracted to the speed of the shutter. I feel that myself is an animal when I take a photograph. A picture is fixed view changes whenever a body moves and which instant can press the shutter in.

    Recently, I began to combine calligraphy to photo haiku.

    Calligraphy is the trace of the judgment and the breathing at the moment when a sumi begins to blur on the paper as soon as my brush touched the paper and cannot move back. I mix "gansai" which is Japanese paint with a sumi and may start a color. The color of the four seasons in Japan condenses gansai and shines like jewels, and it is in the feeling that a chest can shiver when myself was brought up among these colors.

    After announcing the work which put calligraphy together in a photo haiku, I felt conviction among myself and had sympathy from many people. Therefore I challenge the way called "photo calligraphy haiku" that put a photograph and calligraphy together in a haiku, which there is not of having walked anyone.

    I am charmed to a haiku, a photograph, calligraphy ... speed.

    俳誌「銀漢」2012年5月号 -万華鏡- 掲載
    JUGEMテーマ:花の記憶

    ブログランキングに参加しています(⌒▽⌒) 
    ↓ポチッと応援クリック↓いただけると励みになります★

    にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へにほんブログ村 人気ブログランキングへ
    posted by: 福田 泉(FUKUU) | [お知らせ] | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://fukuu-haiku.jugem.jp/trackback/222
    トラックバック